運動を習慣にするにはどうしたらいい?

三日坊主代表と言っても誰も否定してくれない、そんな小池ビーコが運動を始めることにしました。

運動を習慣化することは、健康維持やストレス軽減に重要とはわかっていても、今まで何度も何度も挫折してきました。こんどこそ成功させようと決意したので、運動を生活の一部として定着させるための戦略を考えました。

▼目標設定の重要性
必ずやっちゃうのが、最初から高すぎる目標を設定するというやつです。これ、挫折しやすいですよね。今回は小さく始めて徐々にレベルを上げていこうと思います。

具体的な目標も大事なので、「もっと運動する」ではなく「週に3回30分間ウォーキングする」という具体的な目標を設定しました。

▼習慣化の戦略
ルーティンの確立ができないからダメなんですが、毎日同じ時間に運動すると身体がそのリズムに慣れて、きっと運動が習慣化されるのではないかと思います。

「楽しむことが続ける秘訣」ということなので、運動を楽しむことにします。好きなサザンの歌を聴きながらやったらきっと楽しいはずですよね。

▼モチベーション維持
進捗の記録を取るのも良さそうです。運動の進捗を記録すると達成感を得られてモチベーションを維持できそうなので、これもやってみます。

目標を達成したら自分にご褒美をあげることもGOOD!春用のコートをご褒美にしてモチベーションを維持していきます。

▼環境の整備
運動しやすい環境作りって、意外と難しいと思います。運動用のかわいい服や靴を準備して目につく所に置いておく、運動を始めやすくなるかもですね。

家族と一緒に運動しようと思います。お互いに励まし合って継続しやすくなると思いますが、家族が付き合ってくれるかどうか…。

▼健康への意識
運動がどのように健康に良い影響を与えるかを真面目に理解すると、運動の必要性を感じやすくなります。Youtubeとかで運動と健康の動画を見てお勉強します。それと、運動の影響で体調に変化があった場合には、運動量を調整することも大事ですね。

ビーコンセプト 料金

乾燥肌対策について考えよう

こんにちは!乾燥肌代表の細田孤立です。今日も乾燥肌対策について熱く語りたいと思います。よろしくお願いします。

さて、乾燥肌と言えば敏感肌と親戚ですよね。角質層に含まれていた水分がどんどんなくなって、肌の持つ保湿機能が低下し、乾燥状態が続くとお肌が粉をふくこともあります。かゆみを持つ肌も、乾燥肌であり敏感肌といえます。

このように乾燥肌になってしまう原因はいろいろとあります。誰でも生まれたときから乾燥肌ではありませんからね。赤ちゃんのころは、大抵プルプルのベビー肌でしたよね。その後、成長するにつれていろいろな原因を経て、今のお肌になったのです。

では、何が原因で乾燥肌になってしまうのでしょうか。乾燥肌の原因で大きく影響しているものは、まず冷房や暖房などです。そして湿度の低下です。

季節によって部屋をエアコンで冷やしたり、暖房を入れたりしますね。部屋の空調とお肌の状態はとても関係があります。また、加齢によって起こってしまう皮脂分泌の低下も原因のひとつでしょう。

加齢によって発汗量が低下することも原因となります。これらは、何か対策を施すことである程度防げるかもしれません。エアコン対策もそのひとつでしょう。

他にも、疾患が原因で乾燥肌になってしまうこともあります。アトピーを始めとした体質が原因で乾燥肌になるケースもあります。腎不全や糖尿病が原因で乾燥肌になることもあります。このような場合は、もちろんその疾患の治療をすることが第一です。

また、女性に多いのですが、使った化粧品が合わなかったことで乾燥肌になってしまったり刺激が強い化粧品を使用していることで乾燥肌になったりします。低刺激のスキンケアを心がけるのはとても大切です。

そこで細田孤立がおすすめしたいのは、こちらです。⇒潤静 購入

0歳児から使える、敏感肌用全身美容液です。皮膚科医監修なので安心ですよ。ぜひ一度試してみることをお勧めします。試したら、細田孤立まで感想をお寄せください!

シミの原因、知ってますか?

このシミさえなければもっと若く見えるのに...と思うような目立つシミ。もう見て見ぬふりするのは限界...というほどの大きなシミ。ショックですよね。日頃の自分のシミケアの甘さをいまさらながら感じてしまいます。当然のことですが、日差しを浴びればシミができます。

布地のシミのことを考えてみましょう。服やテーブルクロスなどのシミは、同じ色地の中で浮いた状態になっていますね。目立って気になりませんか?お肌のシミも同じなのです。日差しを浴びると、肌は紫外線による刺激を受けます。皮膚の中で生成されたメラニンが、肌の細胞の中に送り込まれていくのです。

ちなみに、メラニンはメラノサイトというところで作られます。ふつう、メラニンは肌の新陳代謝によって老廃物として排出されます。シミの原因と言われているメラニンが排出されるのなら、もうシミになる心配はないはず。

ところが、このメラニンが生成される量と、排出されるスピードとのバランスが崩れるという事態になることがあるのです。そうなると、皮膚にメラニンが残ってしまい蓄積します。その結果、シミの原因となります。

最近、「肝斑」という言葉をよく耳にしませんか?難しい漢字ですね。かんぱんと読みます。我々の敵の名前です。肝班はシミの医学的名称です。肝班の特徴は、目の周りや頬骨に右と左の同じ場所にできることです。

原因は何でしょうか。やはり紫外線でしょうか。そういった外的刺激だけではありません。なんと女性ホルモンも影響するのです。女性ホルモンを出すという指令を与える分泌物が、メラノサイトを刺激する分泌物によく似ているためです。前述のとおり、メラノサイトはメラニンが生成されるところです。

ストレスを感じるとシミができやすいですよね。それも、この女性ホルモンを出す分泌物の影響のためかもしれません。年齢を重ねると、さまざまな問題に直面します。シミもその一つですね。楽しくケアしていきましょう。⇒シミトリー 最安値

若い子のアンチエイジング

おはようございます!三口小道です。今日も美容に役立つ情報を発信していきたいと思いますので、最後まで読んでいただければ嬉しいです。

さて、すでにお肌の曲がり角を何度も曲がった小道ですが、今まであまりアンチエイジングについて積極的ではありませんでした。アンチエイジングを始める時期はいつごろがいいのでしょうか。

昔は「お肌の曲がり角」というのはだいたい25歳くらいとされていました。ところが最近では、中学生や高校生から化粧をしている子がたくさんいて、お肌のケアを10代から行っている人も少なくないようです。

10代ではまだお肌もとてもきれいでたいしたトラブルもないと思うので、あまり若いうちから高価な化粧品を使ってアンチエイジングを行ってもあまり効果がでないようです。これくらい若い人の場合は、アンチエイジング用のケア商品に頼るのではなく、洗顔を中心とした普通のお手入れをしていれば問題ないでしょう。

例えば紫外線は年齢関係なく避けた方がいいので、朝はUVケアの化粧水をつけてから出かけるとか、洗顔料を使って洗顔するときにはよく泡だてた泡で洗うようにするとかです。

また、洗いすぎて肌を乾燥させないようにするのも大事ですね。すすぎは石鹸分が残らないようにぬるま湯できれいに落とすなど、基本的なケアはやはり重要です。

他にも、洗顔後に顔をタオルで拭くときはタオルを顔に押さえつけるようにしてゴシゴシとこすらないようにすることが大事なのですが、運動部の方は大丈夫ですか?なんかゴシゴシやっているイメージです。

洗顔の後に化粧水をたっぷりつけて保湿をしてあげることとか、化粧水の次に乳液で保湿の仕上げをすることとか、規則正しい生活をすることで内面からきれいにすることも大事ですね。

若い人は新陳代謝がいいのでアンチエイジングの化粧品に頼らなくても、きちんと洗顔して、UVケアをして、規則正しく生活を送っていれば十分それだけで老化を予防できます。

問題はわたしたち世代です。こんなサプリが必要になってきたりします。⇒ディアーミズ 販売店

トリートメントについて熱く語る編

こんにちは~!サジキ美恵です。今日はトリートメントについて熱く語ろうと思って上京しました。最後までお付き合いくださいね!

さてさて、トリートメント、トリートメントと言いますが、トリートメントの意味はわかっていますか?治療とか、処理とか、処置とかの意味があるのです。知らなかったでしょ?わたしもですw

美容界で使われるヘアトリートメントには「頭髪へ水分や油分を補いながら頭髪にも栄養を与えて頭皮や頭髪を健やかに保つ」というすごい目的があります。

赤毛、切毛、裂毛、枝毛、フケなどを防ぐ効果もあります。え?赤毛って防がないといけないの?って思いましたよね。わたしもですw

広くとらえれば、リンスやトニックやヘアクリームなどもヘアトリートメントに含むことができるそうです。ヘアトリートメントには頭髪を保護して損傷の修復にも使われるものもあるし、頭髪を保護して正常な状態に保つスキャルプトリートメントと呼ばれるものもあります。

頭髪というと硬い言葉ですが、そもそも硬いたんぱく質であるケラチンという物質から成り立っているのが頭髪ですから、なかなか面白いですね。

脱脂力が強いシャンプーを使ったり、ドライヤーの熱や紫外線や大気汚染などによって頭髪は損傷します。損傷してしまった頭髪は乾燥していて油性分が不足しがちなので、ツヤもない、しなやかさもない、しっとりさもない、櫛通りの悪い髪の毛になります。

この状態で無理にブラッシングをすると、今度は毛小皮を傷つけて剥離することもあるので、頭髪はさらに乾燥して枝毛や裂毛になつて損傷が大きくなります。

だんだん小難しい話になってきましたが、要するに、損傷がこれ以上進行しないように頭髪を保護して、正常毛は損傷毛にしないように防止する必要があるよということなんです。

頭髪が乾燥しないように水分や油分を補って、ツヤ、なめらかさ、柔軟性をもたせることが大切です。この目的のために使うのが、ヘアトリートメントなのです。

乾燥を防いだり、頭皮を保護したり、正常な状態に頭皮を導いたりするために、スキャルプトリートメントというものが使われます。トリートメントには、頭髪に使うためのヘアトリートメントと、頭皮に使うためのスキャルプトリートメントがあるんですね。

で、どっちもトリートメントできるシャンプーがあったらいいと思いませんか?これです。⇒ハディエント 最安値