在宅リモートワークがこれだけ普及しても障害者の仕事が見つからないのはなぜ

ここ数年で在宅リモートワークが一気に普及しました。
そのことで障害を持つ方にとっては追い風になりました。
障害者が働くにあたり「通勤」は大きなハードいるでもあります。
また家でひとりでできる在宅リモートワークは、人とのコミュニケーションが苦手な障碍者にとってがとてもありがたいことでもあります。
しかし、それでも障害者の仕事が見つからない理由はなんなのでしょうか?

【障害者雇用促進法がまだまだ浸透していない】
障害者雇用促進法では、企業側に障害者の採用を促進する義務を課しています。
しかし、実際にはこの者雇用促進法法律が守られていない場合がほとんどです、
まだまだ一般企業においては、障害を持つ人の採用に消極的であり、採用に対する理解が不足している場合があります。

【障害者自身のスキルや能力に問題がある】
障害者の中には、就労に必要なスキルや能力を持っていない人も少なくありません。
例えば、知的障害を持つ人や発達障害を持つ人などがいます。
彼らに仕事を任せるにあたり、その指示の仕方やマニュアル作りも簡単ではありません。

【障害者に対する仕事の業務を切り出せない】
障害者の
方にやってもらう仕事の業務内容には特別ンば気を配らなければなりません。
なぜならそのミスが会社に大きな損害を与える可能性もあるからです。
しかし、その企業が障害者にも貸せる業務の切りだしを考えることはかなり大変なことなのです。

障害者の持つ各障害特性は十人十色です。
障害者だからといって、ひとくくりにはできないのです。
各障害者にやってもらうべき仕事を考えるのは慎重に検討しなければなりません。
それによる合理的配慮も併せて考えねばならないからです。

【障害による偏見や差別】
障害を持つ人に対する偏見や差別が、仕事の採用や評価に影響することがあります。
例えば、車いすを使っている人が面接に来た場合、採用担当者から「オフィスでの移動が大変だから」という理由で不採用になることがあります。

それ以上に職場での偏見や差別もなかなか亡くならないのも事実です。

以上のような理由から、障害者の就職には依然として課題が残っています。企業側には、障害者の採用に積極的に取り組み、障害者自身には必要なスキルや能力を身につけるように支援することが求められています。また、社会全体が障害者に対する理解を深め、偏見や差別をなくすことが大切です。
発達障害 工場 向いてない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です