お酒を飲んだ後にシメのラーメンが食べたくなる理由

しこたま飲んだ後の帰り道
シメにラーメンってなぜ食べたくなるのでしょうか?
ひとつには
「今夜はこれでおひらき」
という区切りの意味もあるかもしれません。

でも、飲んだ後の最後にシメのラーメンが食べたくなるのは理由があるのです。

お酒を飲んでいる間、身体の中の肝臓は一生懸命にアルコールを分解しています。
その時に、肝臓は身体の中の糖分を消費しながら働いているのです。
つまり、お酒を飲めば飲むほど糖分が失われていくことになります。
そこで血糖値が下がて行って空腹感に襲われるのです。

またお酒を飲むとオシッコによく行きたくなります。
アルコール100ミリリットル摂取するとなんと120ミリリットルの水分が尿として身体の外に出ていきます。
いわゆる脱水機三鳴ってしまうのです。
また、尿には塩分が含まれています。
ですからオシコをたくさん刷るということは「水分」と「塩分」が身体の中か出て行ってしまいます。

つまり身体の中から「糖分」「水分」「塩分」が減少してしまうため、空腹感が高まり「締めのラーメン」ということになるのです。

しかし、これが身体にはあまりよろしくないのです。

シメのラーメンには塩分も高く、またコッテリしたラーメンには脂肪分もたっぷり入っています。
これをスープまで飲み干してしまう強者もお酒飲みには少なくやりません。
これで肥満の道にまっしぐらです。

球のラーメンならいざ知らず
毎回毎回 飲んだ後のシメのラーメン
ということが習慣化しているのなら改めなければなりません。

シメのラーメンが最悪の事態を招くリスクもあるのです。
閉めのラーメンを食べると血糖値が上がります。
食後の急激な血糖値の上昇は、血管を傷つけて血栓ができやすくなります。
これは最悪の事態を招きかねません。
特に急激な血糖値の上昇を「血糖値スパイク」と呼ばれほど危険なものなのです。
ですので飲んだ後のシメのラーメンは控えて、さっさと帰宅するのが一番なのです。
青切りシークワーサー どこで売ってる

電気自動車について

私は日産のリーフを保有しています。日産リーフはとてもいい車です。
まず日産リーフのいいところはガソリン代がかからないことです。今は料金体系が変わってしまいましたが初めの5年は毎月2000円で急速充電がしどこでもし放題でした。従って月々ガソリン代が全くかかりません。特に近年燃料代が高騰している中その影響を全く受けなかったのはとても良かったです。ただしこの10月から料金体系が変わり重課金制に変更となりました。それでもまだ1分あたり20円ぐらいで充電できるので燃料代にかかるランニングコストは低価格に抑えることができます。ただしデメリットもありますまるやはり長距離運行には電気は向いていませんまる特にリーフの場合は最長で200kmしか走れないためだいたい1時間から1時間半程度で充電をする必要がありますまるまたフル充電には30分かかるので休憩を短く取りたいという人にとっては不便に感じるかもしれません。十分に休憩できるので疲れることなく運転することができ30分という時間は不便に感じません。加えてブログをやっているので休憩中に記事をちょっと書くということも可能です。結局サービスエリアとかで食事をしてるとなんだかんだ30分以上経っていくこともしばしばあります。充電が長いというデメリットさえ許容できれば電気カーはあなたに向いてるかもしれません。電気カーはバッテリーのコストがかかる分、車体価格が高くなります。しかしまだ国や地方自治体から補助金が100万円以上出るため今ならお得に買うことができます。ちなみに都内であれば東京都運営公園の駐車場が1時間無料になるなどの特典があり加えて重量税についても最初の数年免除されます。エンジンオイルなどの消耗品を必要としないためメンテナンス費用も安いです。ちなみに私の家の近くには大きな自然公園があり そこに 充電せずもあって1時間 駐車状況も無料なので充電池 行きがてら 木々に囲まれた中を散歩することでリフレッシュにもなっています 。ぜひ あなたも電気カーについて検討してはいかがでしょうか?

エマスリープ 評判