看護師の活躍の場はますます広がっていく

今の日本は高齢化社会の流れが止まりません。
そんな中、看護師の活躍の場がどんどん広がっていっています。

それは医療と介護の両分野に精通している看護師の役割が医療だけでなく介護の分野でも期待されているからです。

看護師は高齢化社会の中で病気の相談を受けられます。
これを活かして保険会社や製薬会社の相談窓口や自治体の救急ダイヤルで活躍している元看護士の方もいらっしゃいます。

家族から病気や療養について様々な相談を受けるのが看護師です。
「具合の悪い家族をいつ病院に連れて行けばいいのか?」
「具合が悪いのだか、自分はいつお風呂には行っていいのか?」
気軽に相談できる看護師は心強い相談相手です。

医療情報をわかりやすく説明できるのも看護師の強みです。
医療分野においては専門用語がたくさんあるので他分野の方から重宝されます。
例えば法律関係者や編集者です。
カルテの内容を解説したり、」医療業界の慣例を説明したりすることができます。
法律事務所や出版社などに働く看護医師もいます。

緊急の病気にも冷静に他王できるの看護師です。
ですから航空会社のフライトアテンダントや接客スタッフに転職する看護師もいます。
医療器材のない緊急事態ではできることは限られていますが、
「どの程度の重大な事態か?」
「救急車をいつ呼べばいいか?」
冷静沈着な判断は
航空会社の乗客のもしもの時にはとても心強い存在です。

また老人ホームやデイサービスなどの介護施設などでも看護師は大活躍です。
介護が必要な高齢者の日常生活の援助と看護は切っても切れない関係性があります。
看護師には介護職よりもいっそう医療の知識や経験を活かした生活のサポートの役割が期待されています。

ですから今の時代
看護師は病院や診療所以外でもますあmす活躍の場が広がているのです。

看護師の仕事は
・病衣にゃ診療所などでの診療所の補助
・入院患者などの療養上の世話
だけという時代は終わったのです。
50代 看護師 仕事が覚えられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です